子供の歯を守る大切さ

子供の歯の特徴

むし歯の原因は、歯の表面についている「細菌のかたまり=歯垢」です。この歯垢の中にいるミュータンス菌(むし歯菌)が、砂糖から「酸」を作ります。酸は、歯の大敵。エナメル質を溶かし、むし歯を作ります。

虫歯は早期発見が大切です。
乳歯は、永久歯に比べて、酸に弱く、エナメル質がうすく、やわらかい、という特徴があります。このため、むし歯になると進行がはやく、5〜6ヶ月で神経まで達することがあります。

むし歯は、歯と歯の間の見えないところにできやすいため、穴があくまで気がつかないことが多く、気づいた時にはかなり進行しているケースも。お子さんに痛い思いをさせないためにも、早期発見が大切です。少なくとも一年に2〜3回の定期的な歯科検診をおすすめします。 むし歯は、歯と歯の間の見えないところにできやすいため、穴があくまで気がつかないことが多く、気づいた時にはかなり進行しているケースも。お子さんに痛い思いをさせないためにも、早期発見が大切です。少なくとも一年に2〜3回の定期的な歯科検診をおすすめします。

治療の流れ

ひらやま歯科では、緊急性のある時以外は、無理矢理の治療はせず、まずはトレーニングから始めていきます。というのも、無理矢理治療を押さえつけてしまうと、それがトラウマになり簡単な治療もできなくなってしまうことはもちろん、大きくなっても歯医者嫌いになってしまい、早期に歯を失うことにつながるからです。

まずは歯医者さんに慣れることから。

おおよそ治療を頑張って受けられるのは3歳で20%、4歳で50%、5歳で80%くらいです。 もちろんそれより小さい2歳のお子さんが虫歯治療をできる可能性は限りなくゼロに近いです。 ですので、先ずは上の歯が生えた時点で歯科医院を受診していただき、3歳までは虫歯を作らないように食事や生活の指導と定期的なフッ素塗布をしていく必要があります。 虫歯がない状態から歯医者さんに慣れ親しんで頂き、歯科医院は「歯ブラシをする楽しいところ」という認識を作っていただくと、その後運悪く虫歯になったとしても、信頼関係ができているのでスムーズに治療に移行できます。

もちろん歯ブラシだけでも2歳までは泣いて嫌がります。しかし3歳前後くらいになると急に上手にお口を開けてくれるようになることが多いです。できれば、虫歯のない小さいうちから歯医者さんに連れてきてあげてください!

まずは受付

ご受付をしたら、キッズルームがあるので、遊びながら待っていてください。お姉さんに呼ばれたら診察室へいきましょう。

お口の中を診ます。

診察室へ来たらまずは悪いところがないか、お口の中を診ます。痛いところがあったり、気になることがあれば先生に教えてくださいね。

治療をします

虫歯があれば虫歯治療へ、それが終わればフッ素塗布へ移ります。ここで恐怖心の強い子はトレーニングをします。場合によってはお母さんは受付で待ってもらいます。そうすることでお子さんの自立心が芽生え、治療がスムーズに進むことが多いです。

おしまい

お利口さんでした!ご褒美のガチャガチャをして、帰ります!

なお、治療だけでなく3〜4ヶ月単位で検診をかねて口腔ケアをしたあとにフッ素を塗布して虫歯になりにくくするということもしています。もちろん定期検診後もガチャガチャをできますよ!

治療が終わったら。

治療が終わったら、たとえ泣いてあまり出来なかったとしても、少しオーバーなくらい褒めてあげてください!そうすることで歯医者さんに来たら褒めてもらえるというブラスの貯金ができ、だんだん頑張れるようになります。できればお家に帰ってから、お父さんやおじいちゃんおばあちゃんにも褒めてもらってください!子供は褒めてもらうのが大好きです。きっと次も頑張ってくれます。

定期検診の大切さ

ひらやま歯科では、お子様の定期検診を強くお薦めしております。
大切なわが子の歯を守るためには、お子様が小さい頃から予防ケアの習慣をつけてあげることが必要です。 乳歯は永久歯の生みの母とも言われるように、丈夫な乳歯を育てることが、健康な永久歯の育成へとつながります。
こどもの歯は大人の歯に比べ、歯が薄く柔らかいので気をつけないと短期間で容易に大きな虫歯を作ってしまいます。ですので虫歯がなくても3〜4ヶ月に一度は虫歯になっていないかのチェックが必ず必要です。また、虫歯の治療が終わると安心され定期検診にこられなくなる方もいらっしゃいますがそれは間違いです。

一度治療した歯には、危険がたくさん

一度治療した歯は、虫歯で削ったところを材料で埋めています。材料ですのでもちろん劣化します。特にお口の中は常に唾液で濡れていて、毎日劣化しない方がおかしいのです。ですので治療した経験があるお子さんほど定期検診が大切になります。
また、虫歯がない状態で通うと歯医者さんは歯ブラシをしてくれてお口の中を綺麗にしてくれる楽しいところと思ってくれます。これは大人になってからも歯医者さんに通う習慣づけになります。お父さんお母さんができるお子さんに対する未来へのプレゼントなのです。

定期検診は、こんなプログラムです。

1〜3才

この時期は、定期健診(3ヶ月おき)がとても重要です。小さい子供への負担のかからない低濃度のフッ素塗布と、親御さんへの食事・ブラッシング指導を行います。

3〜5才

定期健診(3ヶ月おき)をしっかり行ってください。フッ素塗布食事指導、親御さんに加え、子ども自身が自分で正しく磨けるようにブラッシング指導を行います。

6才

歯の王様「六歳臼歯」がはえてくる大切な時期です。はえたての歯は虫歯にかかりやすく、噛む面の溝が深いので磨き残しが多くなります。六歳臼歯が顔をだしたら一度ご来院下さい。

6才
〜12才

成人の方と同じ予防スタンダードプログラムを行っていきます。必要であれば、噛む部分に樹脂を詰めて虫歯を予防します。(シーラント)

ひらやま歯科のフッ素塗布

ひらやま歯科ではよりよい口腔内の環境を保つために、「フッ素塗布」と「シーラント」で提案しております。お子様の年齢に合わせて3種類のフッ素塗布の方法を取っています。

イオン導入法

フッ素の浸透力★★★
塗布時間:上、下顎3分の計6分
塗布回数:一回の受診で終わります
フッ素を電気分解させて、歯に浸透させます。詳しくは下に書いてあります。

フッ素トレー法

フッ素の浸透力★★
塗布時間:上、下顎一緒に1〜4分
塗布回数:一回の受診で終わります
使用するフッ素剤の種類によって放置時間が異なります。

歯ブラシ塗布法

フッ素の浸透力★
塗布時間:1〜2分程度
塗布回数:浸透力が弱いので2回塗布が原則必要です。月歯が小さい方や、前歯しかない方は一回で終わることもあります。

フッ素イオン導入法の仕組み

フッ素は単体では不安定な元素のため、常に他の元素と結合しています。
バイオキュアーによってフッ化ナトリウムを電気的に分解することで、フッ素をイオン化させます.(F-)
バイオキュアーは、人体(歯)を一時的にプラス極性にさせ、マイナス電荷を帯びているフッ素イオンを人体(歯)に取り込みやすくします。

シーラント

シーラントとは、生えたての乳歯や、永久歯に、奥歯の噛み合わせにある溝をプラスチックやセメントで埋めることで、事前に虫歯を予防する方法です。
小窩裂溝予防填塞(しょうかれっこうよぼうてんそく)やフィッシャー・シーラントとも言います。
生えて間もない歯は、以下のような特徴があり、きちんと掃除ができないため、毎日歯を磨いていたとしても、虫歯になってしまうことがあります。

1:他の歯よりも背が低いため歯ブラシがつきにくい
2:人によっては奥歯の溝が深いため歯ブラシの毛先が入らない
3:歯の質が未熟

シーラントはこのような事態を防ぐために、プラスチックやセメントで奥歯の溝を埋めて、物理的にお口の環境を改善することができます。

シーラントを受ける適切な時期

乳歯や永久歯が生えてから3〜4年までの間に、奥歯の溝が深い(または、複雑な形をしている)子供が受けると効果的であるとされています。シーラントが適応かどうかについては、相談してください。

シーラントの流れ

治療は下記のような手順で行われ、15分程度で終了します。
1.歯に付着した汚れを、機械や器具などで丁寧に落とす
2.汚れを洗い流し、唾液が入らないよう歯を乾燥させる
3.歯の溝の部分にプラスチックやセメントを流し込む
4.噛み合わせの確認

シーラントの注意点

シーラントを受けた後も、毎日丁寧にブラッシングを行い、シーラントで覆われていない部分が虫歯にならないように注意しましょう。また、定期的にシーラントが剥がれていないか、お口の中や食生活に問題はないかなどのチェックを歯科医院で受け続けることが大切です。